いつのまにか韓国語&韓国ドラマが生活の一部に。そんな日常を載せてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by HARU on  | 

日記 : イタズラメールと私


よろぶんあんにょんはせよ~^^


短いスパンで更新にやってまいりましたが本日は日記になります。(通常運転でくだらない内容)


お付き合いいただける方は、どうぞよろしくお願いします(^-^)/





みなさんイタズラメールとか来ますか?


私あんまり来ないんですけど、


イタズラメールの設定って、


基本的に男の人が女の子に送ってる的な内容だったり、


逆もしかり、みたいな、出会い系?みたいな感じの、そんなイメージでいます。


そんな私の携帯に、


―――――――――――――――――――――

6月10日 14:52

タイトル 「すみません・・・」

『自分の手帳ってそちらに有りますか?

この間忘れてしまったみたいで・・・
ソファの辺りです。もしあったら連絡お願いしますm(_ _)m』

―――――――――――――――――――――




こんなメールが届きました。

「はいはい、イタズラメールきたよ」 とスルーしていたんですが、




―――――――――――――――――――――

6月10日 20:37

タイトル 「あれ…」

『ジョージさんですよねヽ(゚ロ゚*)ッ!?

もしかして違います!?』

―――――――――――――――――――――


というメールが再び同じアドレスから届き、


え、待って、どーゆう設定?(゚∀゚*)


と、若干食いつき気味のワシ
(↑にょんとりも絶対ガチだといいな!と思っている33歳です)




「自分」と言うのは基本的に男性が使うイメージがあるので、


男性から女性に宛てた内容だと思いきや、


ジョージさんですよね? って・・・ジョージも男性だよね??


うん、まあいいや、ジョージんちのソファ辺りに手帳落としたのね?





この辺から変なスイッチ入って、妄想の世界へ・・・←仕事中だったんですけども




”自分”が職場の後輩で、ジョージが先輩、希望!


新人の”自分”の教育係がジョージっての、希望!


”自分”はちょっとチャラ系イケメン、ジョージは180cm犬顔イケメン、希望!


頑張るけどちょっと抜けてる新人”自分”を叱咤しながらも「かわいいな~こいつ」とちょっと思ってるジョージ、希望!


厳しい先輩ジョージを、「なんだよ・・・っ」と若干疎ましく思いつつも、面倒見の良いジョージ、そしてガンガン業績上げるジョージを「かっけ~・・・」って尊敬している”自分”、希望!


で、なんやかんやしてるうちにお付き合いが始まって・・・・・・・





・・・とかいう妄想が膨らみ、返信してみたい衝動に駆られながらも(←やめなさい)、とりあえずスルー。


すると、しばらくして、若干待ちわびていたメールが再び届きました。



―――――――――――――――――――――


6月15日 19:23

タイトル 「すみません!」

『自分なにか悪いことしちゃいました?

返事がないので心配です(/□\*)』


―――――――――――――――――――――




ははぁ~、さてはキミ、手帳に浮気バレるようなこと書いてたな?←違


ジョージと早く仲直りしなさいよ~(〃▽〃)←違


・・・・・・・・・・・・



って何の妄想?



って正気に戻るまでちょっと時間がかかりました・・・っていう、特にオチもないしょーもないお話です( ´∀`)






自分の送っているイタズラメールでこんなにも私が楽しんでいたとは本人思ってもいないでしょうね。


”自分”からのメール3通で、


仕事中にこんなにも妄想を膨らませて楽しく過ごさせてもらいました。


ありがとう、”自分”! ありがとう、ジョージ!


最後に、ソファで2人で何していたかだけ、その辺詳しく教えてk(やめなさい)






相変わらずしょーもない内容ですみません!


お付き合いくださった方、ありがとうございました~^^


p07-l22.jpg
↑よろしければクリックお願いします^^ 笑
励みになります(*´U`*)

スポンサーサイト
Category : 日記
Posted by HARU on  | 3 comments  0 trackback

日記 : キャンプするなら家事をやれ!


よろぶんあんにょんはせよ~


先日、北海道のテソペンオンニと久しぶりに会うことができました^^


久しぶりに会ってもそんな感じがしない人っていますよね?


オンニとも久しぶりだったけどほんとそんな感じがしなくて、良い時間をすごさせてもらいました^^


オンニ、のむのむこまうぉ~~~!!!←北海道にむかって叫ぶワシ



あ、あと、週末に携帯落として割れてデータが飛びました。


なのでLINEは分かるけど、電話帳には家族と姉兄くらいしか登録されていません(チーン)


でも、


機種変更で閉店間際に飛び込んだ船○のイオンのド○モショップで、



店員さん 「SPモードパスワード、おぼえてらっしゃいますか?こちらに入力してください。3回間違えられますので(といいつつ携帯を渡す」


私 「(携帯を受取り目線は携帯のまま)ハイ!30回ですね!」←聞き間違えた


娘 「3回ね。30回なわけないやろどう考えても」


店員さん 「wwwwwww」


ってのが恥ずかしかったくらいで、データが飛んだことに関しては不思議とあまりショックではありませんでした。


学生の頃だったらめっちゃショックを受けてそうですけどね~大人の階段のぼりまくったなワシ。








さて、今日のタイトル「キャンプするなら家事をやれ!」ですけど、


ここんとこ思っている「ストレスフリー」な私なりの生き方をちょっと記してみようと思います。


あ、「オススメのキャンプ地」とか「オススメのキャンプ用グッズ」とかの話は一切出てまいりません。


お付き合いいただける方は、どうぞよろしくお願いいたします~^^








ええと、私は自分のことを、かなりルーズな、適当な人間だと思っています。


これは親しい友達にも周知の事実で、決してまじめにこつこつ頑張れるタイプの人間じゃないのです。


ただ、そんな私も、「良い人間でいよう」とか「良い母であろう」という思いは人並みにあったんだな~と、


最近になってしみじみ思うんです。




例えば、子どもが小さかった頃とか特にそうなんですけど、


「早寝早起き、朝ごはん!規則正しい生活!」 というのが子どもにとって良いことだっていうのは


良く言われていることだし、みんなわかっていることだと思うんですけど、


それに囚われすぎて、


「早く寝かせなきゃ!」という思いが強くなりすぎて、


夕方からばったばったご飯作って、御風呂入れて、


「絵本読んで~」 という子どもの声に、時計をぱっと見て、


「もう9時近いから無理!」とか言って、「早く寝なさい!」みたいになるわけですよね。


戦いですよね、なんかもう、戦い。




あとは、朝から洗濯をきちんとまわして、洗濯物を朝日にさらす、とか、


なんていうんだろ、「良いお母さん像」みたいなのが、


そうやりたい反面、できない自分がいて、でもやらなきゃ、そっから外れちゃうと、


取り返しがつかないんだろうなっていう言い表しにくいけど恐怖みたいなものがあって、


かたくなにそれを守ろうとしちゃうんですよね。


自分自身が一度もルールを守らず生きてきたかというと、


先ほども言ったとおり、ルーズだし、ぜんぜん几帳面でもないし、


超夜行性だし、今日も家族を見送った後、寝て、昼からのっそり起きてきて仕事してる(と言うクセ、ブログ書いてるけど)ような、


不規則な生活をしているヤツなんです。


そのくせ、なんか「良い人間、良い妻、良い母でいないといけない」みたいな気持ちはあるという矛盾。




で、家事とかに関しては、元々好きな方もいるでしょうし、頑張れる方も多いのかもしれませんが、


私の場合はご飯を作るという行為は好きなんですけど、掃除や洗濯は嫌いです。


なので、洗濯とか朝から毎日するのが苦痛でしょうがなかったんですが、


ここ1年くらい、免許とりに行きだしてくらいから、


どうしても時間がとれなくて、夜に洗濯するようになったんです。


そしたら、なんか知らないけど、嫌いな洗濯もそこまでストレスかからずできることがわかりました。




洗濯好きな母の影響もあり、「朝早起きして洗濯する」のが正解!みたいな気持ちがある私です。(いや、実際正解なんだろうけども)


でも、免許とりに行きだして、夜洗濯するようになって、


ストレスがかからないことに気付き、「なんだ、別に夜洗濯してもいいじゃん」とふと思えるようになりました。


元々「私はいつも夜洗濯するよ」って人もいると思いますが、


なんていうか、自分の中でのルールって、自分基準だからすぐ壊せそうなのに、なかなか壊せなかったりしませんか?




免許とりにいきだしてから、朝から超元気でも、仕事はするけど洗濯はしません。(たま~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~にするけど)


家がいつも綺麗で、いつでも友達を呼ぶことができた自分の幼少時代を思うと、


自分の子ども達には申し訳ないなとおもいますが、


朝からパジャマ&メガネ姿、きったねー姿で仕事をしております。


全く友達を呼べないのもどうかと、「今週がんばれそうだぜ俺」っていう極レアな時がたまにあるので、


それを子どもに伝え、3人それぞれ曜日を予約して友達を呼ぶシステムになっていますw


子どもから不満の声があがることもなく、それでうまく回っています。






さっきちょっと触れた、子どもを早く寝かさなきゃ!!という件に関しても、


「早く寝なさい!」「早く寝なきゃ!」と焦ったり、イライラした言葉よりも、


「よし、今日は絵本を1冊ずつ読んであげよう~」って言われるほうが、


実際に早く寝ることよりも子どもには100倍くらい良いことなんだろうって思えるようになりました。






自分が今子育て中(中1娘・小5娘・小3息子)なので、子育てメインの話になってしまいましたが、


結婚していたり子どもがいたりとかの話だけじゃなくて、


「人生は一度きり!自分らしく楽しく過ごしたい」と思っていても、


案外自分のよく分からないルールとか「常識的な」な言葉が邪魔をしていたりしますよね。


人にはすごく気を使うけど、自分のそういった心の疲れはなんとなく我慢してやりすごしていたり。



なので、私は、そのことに気付いた時から、


もっと肩の力抜いてみるか!って思えるようになりました。(いや、もっとまじめに頑張っている方から見たら「お前それ脱臼じゃーん」ってくらい抜けまくってると思いますが)



人を傷つけるようなことや、法に触れることとかじゃないかぎり、


ちょっと非常識に見えたとしても、


「それってただの怠けじゃないの?」 と誰かに言われるようなことであったとしても、


そんなの関係ねぇ!の意識は大事だなって思いました。






そんな私が頑張っていることといえば、


頻繁ではありませんが、夜、子ども達が寝る前に、部屋の電気を消し、


懐中電灯をカチッとつけ、



「集合!!」 と声をかけ集合させ、



即興の自作のお話を語る、という


わけのわからない会(我が家ではキャンプと呼んでいる)をすることくらいですかね。




・・・・・・・・・・・・




いやいや、そんなことやるなら家事をやれ!!



キャンプするなら家事をやれ!!



ですよねほんとに。



でも、家がきれいであることよりも何よりも、子ども達がキャンプをめっちゃ楽しんでいて、


次のキャンプはいつかという声がよく出るので、これで良しとしています←







みなさんも、自分の勝手なルールや想いに案外しばれていませんか。


読んでくださった方で、同じような気持ちの方や、


めっちゃ頑張ってしまうという方が、


ふっと肩の力を抜いてみようと思ってくださったら、


「脱臼するほど抜けてもいいんやな」 と勇気を持っていただけたら嬉しいです(笑)




さて、長くなりました。


脱臼している私はそろそろ仕事に戻ります・・・ふふ・・・


お付き合いいただいた方、ありがとうございました!!




↑よろしければクリックお願いします^^
 励みになります(o´∪`o)
いつもクリックしてくださっている方、のむのむこまうぉよ~!

Category : 日記
Posted by HARU on  | 0 comments  0 trackback

空気読んでくれ大村


よろぶんあんにょんはせよ~^^


またしても日記、とうかもう日記じゃない記事の更新を見たの一年とか前じゃねえの?ってばりに日記オンリーな韓国語ブログですみません!


「韓国語生活」というタイトルも、そろそろ訴訟レベルになってきましたね←ソレは最初から



今日はですね、吸引力 が変わらない 掃除上手な彼、そう、大村(ダイ○ン) についてのお話です。


半年くらい前から我が家にやってきた、コードレスタイプの充電式のスタイリッシュなイケてる大村なんですけど、


なんていうか、それまで普通のサイクロン式の人たちに掃除してもらってたんで、


こっちの期待がまず大きすぎましたよね。


なんていうか、 「大村なら何でも吸い取ってくれる!やってくれるはずだぜ!」 っていう過度な期待を持ちすぎてましたよね。


なので、輪ゴムの1つを吸い取るのにものすごく時間がかかったときに、


思ったより大村はやれないのかもしれないってちょっと思ったんです。(いや、拾えよ輪ゴム)


なおかつ、彼はフル充電しても15分しか働かないんですよね。


しかもなんの前触れもなくいきなり動かなくなるんで、いつまでも前の人を捨てられないでキープしてしまう。


でもまあ、その15分、フルパワーで働いてくれるんで、いいんですけど。





「いやいや、ていうか、買う前にそれ知ってたんじゃないの?」って思った方もいると思いますが、


私的に、充電しながらも働いてくれると思ってたんですよね。


だけど彼は実際は充電中はうんともすんとも言わないってことが使ってみて分かりまして。




でも、やっぱりサイクロンたちに比べるとチリとかホコリとか断然吸い取ってくれていて、


ボディがスケルトンで吸い取ったものが見えるので、とっても掃除した気分になるし、


何より 「15分以内で終わらないような汚い家では俺は働けない」 っていう大村からのメッセージなんだよなって思います。


「大掃除じゃないんだぞ?俺レベルのやつが15分も働いたら終わるはず」っていう。




そう、これは ディスっているわけじゃないんです!!


吸引力が変わってないのかどうかはよくわからないけど、大村は十分に頑張ってくれていて、私も満足しています。


何より簡単にササッと掃除が始められるのが良い!


お客様とか来ない限り、リビングの壁に立てかけて置いて、すぐにサッと掃除する・・・まるで綺麗好きな人みたいな感じになれちゃうわけです。



でも大村、輪ゴムには毎回苦戦するくせに、電気コードは結構吸い込むからイラッとくるんですよね。


サイクロンな方たちは、電気コードの上からかけても、ほこりだけ吸い取ってコードはスルーしてくれてたんですけど。


大村は容赦なく電気コード吸い込むんです。


で、巻きついて途中で ギュッ って言って止まる。


その度に中断してコードをググッて引っ張る。


その度に、 空気読んでくれ大村! って思ってしまう。



コードは味方なの!スルーしてくれよ大村!←とんでもないぐうたら精神を今みなさんにさらしていることを自覚しております




以上、ディスりではなく、愛からくる ↓大村 への叫びでした。


多くを望んでスマン、大村! これも全て「お前ならやれるはず!」という期待からくるんだよ大村!




以前ブログで 「なぜか頑張れないこと(過去記事はコチラ)」 っていうタイトルで、


「残りものタッパーに入れておいたら食べないまま後々見つけるごとに捨てちゃう。知らず知らずタッパーが減っていく」


っていう話をしたら「私も!私も~!」って言ってくれる方が2人ほどいたんですが(www)、


同じぐーたら系の思考回路をお持ちの方には今回の大村への叫びも分かっていただけそうだなって勝手に思っています。




あっというまにもう2月になってしまっていますが・・・・・


ていうか、よくよく見てみると、これが2016年一発目のブログ・・・ですね・・・!



遅くなりましたが、あけましておめでとうございます!


     せへ ぼk まに ぱどぅせよ~
いや、 새해 복 많이 받으세요~^^


今年もどうぞよろしくお願いいたします!



細々と韓国語や韓国ドラマ、日常について書き綴ってきましたが、これからも細々と続けていけたらいいなぁ・・・


韓国ドラマも最近また時間見つけて見てたりもするので、その辺の記事も書けたらいいなと思っています。




ちょっとあったかくなった気がしますが、みなさんもうしばらくは油断せずにあったかくして、



寒さを乗り切って元気に春を迎えましょう^^


今回もくだらない内容でしたが、読んで下さった方々、ありがとうございました!



↑よろしければクリックお願いします^^
 励みになります(o´∪`o)
いつもクリックしてくださっている方、のむのむこまうぉよ~!

Category : 日記
Posted by HARU on  | 0 comments  0 trackback

試練の山 八合目にて飯盒炊飯

よろぶんあんにょんはせよ~( ^ω^ )


最近ツイッターも浮上できておらずお久しぶりですが、みなさんお元気でしょうか?


あっという間に年末で、相変わらず何もしてねーツリーも出してねー年賀状買ってもねーついでに豚小屋感もはんぱねー我が家(←またか)からお届けいたします。


今日は、「試練」について思うことを書いてみようと思います。


私の試練というより、身近な人がものすごい試練を迎えて、今までと全然違う人生のレールを敷かれた、というのを1年半側で見てきて一緒に歩いてきた私の、試練を迎えた人を側で見守り歩いてきた感想という感じですが。



珍しく真面目なお話(たぶん)ですが…



ずいぶんなげー独り言だな~オイ~と思われることと思いますが、



お付き合いいただける方はよろしくお願いいたしますm(_ _)m





まず、「試練は乗り越えられる人にのみ与えられたものなんだよ」と言うのがよくありますが、それは私としては納得しがたいというか、よくわからないんですよね。



試練は無作為に放り投げられてるものだと思うから、突然降ってきて当たってしまうものであって、自分がこうだからそうなった、とか、この人だから与えられた、ということは無いような気がします。



だから防ぎようがないし、逆に言えば、その人にとっては試練でも他の人にとっては全くそう感じないかもしれない。



「試練を乗り越える強さがあるからだよ」じゃなくて、「試練を乗り越えようと頑張ってるうちに強くなったんだね」だとも思う。



私の中で「試練」は「怖いし嫌だし向き合いたくないけど知らないうちに乗り越えられたり、知らず知らず試練山の八号目あたりで飯盒炊飯なんかしちゃって快適に生活してるのかもしれない」っていうほうが近い気がします。


ものすごく遠い場所にあるものすごく高いエベレストみたいだった「試練」も、 地道にコツコツ歩いて、たまに谷があって回り道したり、川があってどうやって対岸へわたるか頭をひねらせ橋を地道にかけて時間をかけてコツコツコツコツ進んで行って、そばについていざ顔を上げて見上げて見たら、なんだ、富士山くらいじゃん~うん、なんか試練山、案外普通に住めそうここ~



みたいな。



いや、富士山登頂も大変でしょうけどもね。(新幹線とか遠くからしか眺めたことないしね)



一番大事なのは、「試練だ」と感じた時に、なんとなくその山の存在を目でも心でも感じつつも、その高さや険しさばかりに目をやるんじゃなくて、でも全く見ないというわけでもなくて、回り道でも休んでもたまには逆走してもいいから、少しずつでも近付いて行ったり、登ってみたり、てことじゃないかと思いました。



山は高いし途方もなく思えるから、不安ばかりを覚えると思うけど、長い時間をかけてもいいや!と思えることが大事かなって。



人によりけりなのかもしれないけど、やっぱり焦りがあると、「早く登らなきゃ!裸足ででも裸ででも登らなきゃ!急がなきゃ!!」みたいになると思うんですけど、そんな意気込みすぎるよりも、「ん~、とりあえず今は金ないし、登る装具も買うの無理だから、バイトすっか!」くらいの勢いというか。
(なんかこの例え違う気もしますが…笑)



で、回り道してたらバイト先で楽しい仲間に出会えたり、知らなかった自分の一面が知れたり、自分が不安から一瞬でも解放される趣味が見つかったり、でもまた試練の山をちょっと眺めちゃって不安にかられたり…でもとりあえず装具買うまでバイトやろ!と繰り返していくうちに、資金がたまって装具買えた!みたいな。



うーん…なんか例えが変かもしれないけど、ようは無駄なことは一個もなくて、その日その日はあまり成果がわからなかったことも、半年、1年経つと大きく変わってたんだなってわかる、ていうか。



装具買ってちょっとためしに登ってみたけど途中でお腹すいて断念!半年バイトしたら今度は飯盒買えた!1年たったらテントも買えたし寝袋もあるし寒さ対策もばっちり!次は五号目くらいまで行けんじゃね?



みたいな(いやバイト代安いなオイ)



実際私がそうでした。



「そんな悠長なこと言ってられない」と思う方もいると思うし、試練の内容でも違ってくると思うし、いろんな考え方があると思うので、みんながみんなそうだと一概には言えませんが、でも、試練を乗り越えようと頑張っている人を側で見て一緒に歩く人は、そのくらいの気持ちでいたほうがいいなって思いました。



何より本人が一番焦ってるんですよね。息切れして体力もなくなっても「前に進まなきゃ!」って思ってるのがひしひし伝わります。



だから、うまく息抜きガス抜きしながらスローペースで試練の山へ向かうためにも、息切れしないようにペースダウンさせたり、山をひたすらじっと見てるのをよそ見させたりするのも大切なことだなって思いました。



そして、試練を乗り越える本人が一番大変で、一番ツライ思いをしているのも、そりゃ当然の話なんですけど、今回改めてものすごく感じました。



話に聞いたり、テレビで見たり、とかじゃなく、身近な人に降りかかってきた試練ですからね。



最初、受け止めきれずに腐っていた私の家族に、どう声をかけていいかわからなかったんですが、「今は思う存分腐っていいよ。たぶんそのうち腐る暇もなくなるだろうから、それはそうなってからまた考えよ!」と言っておきました。



そして腐ってる時もずっと話しかけてできる範囲で話し合ってコミュニケーションをとりました。



今の現状を受け止めて、「長い目で見よう」って何度も何度も話しました。



でもそう言うと、「大変なのは自分だ」と言われたこともありました。



それを言われるとどうしようもないし、きっと私のことを「所詮他人事だと思ってるんだろう」って思ってるんだろうなぁと寂しく感じることもありましたが、誠心誠意込めて「一番大変でツライのはわかってるよ」って何度も伝えました。



そして、本人の生活が激変したのはわかっていたけど、私や他の家族までもが激変する必要はないと思っていたので、あくまで普通に生活しました。



本人にもやりたいことをやりたいようにやってといつも伝えていて、手助けがいるときは全力でサポートする。



でも、甘やかしすぎない。自分でできることはどんな小さなことでも自分でやってもらう。



そんな中で私はお友だちと遊びに行ったりもするし、BIGBANGのライブにも行くし。頻繁ではないけども。



ツイッターもたくさん出没して翻訳たくさんしたりもしていました。



それはある意味無責任に見えるかもしれないけど、私が一番思ったのは「そのせいで私は我慢をしなくちゃいけない」というのがつもりに積もっていくのがダメだと思ったんです。



全て飲み込んで受け止められる仏のような心の持ち主もいるでしょうが、基本的に「どうして私が」とか「どうして」「どうして」が積もると爆発するもんだと思うんです。



本人ときちんと向き合うし、真剣に取り組むけど、私の時間も大切にする。



自分の時間があるから気持ちを整理して家族を大事にできる。



そしてなるべく前と変わらない普通な環境にしておきたいと思っていました。



レールは変わったかもしれないけど、あなたの存在自体が変わったわけじゃないよ、って表したかったんです。



今までと何にも変わらず、みんなあなたが大好きですよ、って。



高校からの親友にその話をしたら、「普通それはそうしたくても世間の目を気にして出来ないもんなんだと思う。あんたは昔からそーゆうしがらみを気にしないでやれるから羨ましい」と言ってくれました。



福岡の友人らにさえも、ほんの一握りの人にしか話をする気になれなくて(離れていて心配だけさせそうで)、ツイッターでできたお友だちにもほんの数人だけ、そんな私の何ともいえないちょっと申し訳ないような罪悪感のような気持ちを抱えておけなくて、聞いてもらいたくて事情を聞いてもらって、「私がツイッターに出没していても、こんなときに何やってんだよって思わずにいてくれたら嬉しい」と無理なお願いをしたにも関わらず、温かい言葉をかけてくれたことはとっても救われたしあの時の気持ちは今でも忘れていません。



そしてそんな大変な時に、免許取りに行かなきゃいけないなぁと億劫だったし不安だった私が思いきって申し込んで行き着いた教習所はブログでも書きましたがチャラい教官、個性爆発しまくりな教官たちの愉快な教習で人間観察して楽しませてもらい(笑)、何よりも、大学生の可愛いお友だち、中国人の美人でオチャメなお友だちができたりと、仕事もありで過酷なスケジュールな、まさに試練の山への回り道中に、素敵な出会いもありました。



他の人にとっては全然どうでも良いことかもしれないし、私自身にとってもあのタイミングじゃなかったら同じような気持ちでいたのかわからないなってこともありますが、あの時の私には癒しだったり救いだったり、舵取りの大きな力になっていたのは確かでした。



ほんとに、私の行動は、人によっては「こんなときに自分のことかよ」ってなるかもしれないんだけど、福岡から引っ越してすぐだった私にとって、ツイッターでBIGBANGのことでワイワイお話させてもらったり、耳コピで彼らの曲をピアノカバーするのが楽しかったり、翻訳が楽しくて夢中になる時間も、私にとってはうまくバランスを保たせてくれる大事な時間でした。



目を背けているだけに見えるかもしれないことでも、「試練の山でたまにはスノボやってみたら、絶壁だらけと思っていた試練山にも何気に緩い坂とか、果実たくさんなってるオアシスみたいなとこあるのに気付いた」みたいな。



視点を変えたり、考え方がちょっと変わるとかじゃなくて、ただ楽しく過ごせる時間があるだけで、本当にびっくりするくらい心が穏やかでいられたり、私が穏やかでいることで家族が普通に過ごせたり・・・



でもそれを内緒でするんじゃなくて、しっかり家族と話し合いましたけどね!



最初は納得してなさそうだったけど、私がしっかり向き合って気持ちが離れて放置してるわけじゃないとわかってくれてからは「いってらっしゃい」と言ってもらっていました。



その気持ちにもいつも感謝をしていました。



そうやって、多少の時間をかけているうちに、何のきっかけかはわからないけど本人も「頑張らなきゃ」という気持ちが芽生えてきた感じだったんですが、そっからはやはり焦りが先行するので、私は余計に気持ちをのらりくらりさせていました。



無責任なのらりくらりではなく、一緒に焦りに引きずられないのらりくらり。



「なんとかなるよ~とりあえずお互い今日やれることを頑張ろう!」をこの一年半でたぶん1000回以上言ったと思う。



そして本人の良い変化をものすごく本人に直接伝える。



がむしゃらになって一生懸命な時ほど、一番本人が変化に気付かなかったりしますよね?



私の家族の場合、試練の山を完全制覇するのは難しいと言われているのですが、私的にはもうすでに十分に良い変化を見せてもらっていて、でも本人は完全制覇を目指しており、その気持ちがあるかぎり私も信じているし、完全制覇を横で歌って踊って励ましていきたいし(←飯盒炊飯くらいしろや)、もし仮に完全制覇が無理だったとしても、八号目あたりで山と共存しながら快適に生活、という感じで人生楽しんでほしいな、一緒に楽しめるといいな!って私は思ってます。



何より人生は一度しかなくて、それは試練山を登る本人にとっても、側で見守る人にとっても同じですよね。



「これをしてはいけない」「こうしなくちゃいけない」というよりは、お互いが「いかに楽しく試練山登山ができるよう工夫するか」を念頭に置いて、たくさん話し合って、これからものらりくらりバイトしながら装備固めて(←笑)山を眺めて、いつか山を制覇しようね!と家族で一緒に過ごして行こうと思います。



忘れもしない2014年8月2日。試練の山の存在を突き付けられ、疲れきったあの日。



それから1年半が過ぎた2015年の年末にふと書きたくなったので記しておきます。



私が本人のために頑張ろうと思えたのは、大事にしてもらってきたからだとも痛感した1年半でした。



きっと私が試練の山の登山が始まる前の毎日に「どうして」が積もりに積もっていたら、同じように思えたかはわかりません。



だから、お友達に「よく頑張ったね!」とか「あなただからやれたんだよ」って言ってもらえると、素直にすごく嬉しい反面、「本人が優しい心の持ち主で、大事にしてくれていたから私も頑張れたんだな」と実感して、そんな家族を誇りに思いました。



「自分の行いはめぐりめぐって返ってくる」と言うのは、なんというか、今まではどちらかというと「悪いことをしたら自分に返ってきちゃう」というイメージのほうが強かったんですが、今回のことがあってからはなんとなく良いイメージが心にあるような気がします。



それも今回とても学んだことでした。



・・・・・・う~ん、こーゆう話題は韓国語もBIGBANGも関係ない雑談だとわかっていながら毎回読んでくれている数少ない心優しきお友だちや、たまたま迷い込まれた迷える子羊さまたちが心配や困惑されるかもと書けないでいたのすが…



とりあえずまた車で背の低い塀と自爆したくらいで(帰宅するいつもの道が工事してて別のとこから入れと言われ、入ろうとしたら狭すぎて曲がり角に着くまでに無傷での生還を諦める→塀に左後部ドア当たってるとわかっていながらアクセル踏む→でも抜けられずハマる→にっちもらさっちもいかない→次女&息子の小学校の教頭先生が通りかかる→「あはは…ハマっちゃいました」「ですね…とりあえずハンドル右で!」「え、右ですか?」「もちょっと下がれる!うん!もちょっと!ハイ!切り返して!」「ハイ~!」以下略)元気ですので、ご心配なさらずに。・゚・(ノ∀`)・゚・。



ここまで長々とお付き合いくださった方、ありがとうございましたm(_ _)m



bb1222.jpg
↑よろしければクリックお願いします^^
 励みになります(o´∪`o)
いつもクリックしてくださっている方、のむのむこまうぉよ~!

Category : 日記
Posted by HARU on  | 0 comments  0 trackback

日記 : カタカタカタカタ



よろぶんあんにょんはせよ~^^


なんか、ホラーみたいなタイトルになってますけど、なんちゃない、


今日の話題は 肩こり についての くっちゃべり です。


お付き合い頂ける方はよろすんりです~^^







肩こりって無縁の方はびっくりするくらい無縁のようですが、


私の場合、32年生きてきて昔っから肩こりすごくて、


美容師さんが 「むぉっ・・・めっちゃ凝ってますね!!」 と


本気で挑まないと指骨折するんじゃねぇのかってくらいの、


肩こり界にレベルがあるとしたら恐らく上の方にいると思います。


レベル94(最高99)あたりにいると思うんです。






まず私の仕事なんですけど、


クライアントさんからお仕事頂いて


自宅でひたすらず~~~~っとパソコンに向かっているんですけれども、


肩こりもヤバい状態になってきて、精神的にも疲れて、


「あ~ちょっと息抜き・・・!!」 と、パソコンの前から移動して


ピアノ弾きに行くことが多いんですがピアノも肩こるっていうね。






同じく仕事していて、ず~~~~っとパソコンに向かっていて、


肩こりもヤバい状態になってきて、精神的にも疲れて、


「あ~ちょっと息抜き・・・!!」 と、 BIGBANGの画像加工始めるんですが更に肩こるっていうね。





で、ちょっと前まで文章を書いたり考えたりの作業がちょこちょこ入っていたのに


ここ最近は、全く違う作業を任されているので、


無性に文章書きたくなってこうやってブログ書くけど更に更に肩こるっていうね。





そんなこんなで、息抜きしてるのか自分を痛めつけてるのか良くわからなる時があります(笑)





私には今の仕事とても合ってるとも思いますが(汚い姿でOKだしね←)、


たま~に外で接客業したくなる時があります。


以前からブログを読んでくださっている方はご存じだと思いますが、


福岡にいる時、一時期仕事が減ると宣言されたのでちょっとだけコンビニでバイトしたことがあるんですね。


結局別に減らなかったんでコンビニの方の行く日にちを減らして調整するという


意味の分からないことになったんですが(笑)


でも、あのコンビニ、人間観察大好きな私にはめっちゃ良い職場だったから


最近とても恋しいです。


↓どんなコンビニなのか参考までに過去記事いくつか載せておきますね
日記:新生活!
日記:「客層ボタン」
日記:その業務なんなの?
日記:常に恥はかき捨て(コンビニ編)
日記:辛子高菜の君 & 買わないほうがむしろヘンタイなんだよ!の君



福岡でやっていたダンスもこっちに来てやっていないし、


肩こり解消のためにも何かやるべきなんでしょうが・・・



肩が岩すぎて家族の皆の指が危険なのでもんでももらえず・・・



とりあえず今、肩こり激ヤバいので


旦那さんが持ってる「オムロン低周波治療器」ってやつを貼っつけてみました。

↑コレ


こーゆうの使ってみたことある方いますかね?


( ゚∀゚ )アヒャッ━wwwww てなりますよね?www


「たたき」みたいなとき肩が勝手に持ち上がってピクピクするたび


ニヤついてしまう~~~~wwwww


これなら仕事しながら貼っとけばいいんじゃね?って思ったけど、


いちいち ( ゚∀゚ )アヒャッ━wwwww てなるから無理でしたwww






あ、それから、これは肩こり関係ないんですが、


先日仕事のことでちょっと専門家の方にスカイプで研修していただく機会がありまして、


顔も見たことない方とスカイプでお話してたんですが、


なんというか、社交的というわけではない研究家肌ぽい方で、


私の解決したい問題を告げると


「ちょっと・・・まってくださいね・・・」と言われ、


長いときは 10分くらい放置 されてたんですが、


その方が何かを調べているらしき本をめくる音がパラパラ聞こえたり、


パソコンのキーをダダダダダーーッて打ってる音が聞こえたり、


窓の外から聞こえてるであろうバイクの音とかがブーーーンッて聞こえたりして、


「ハイ・・・お待たせしました」 っつって解決のためのタグが送られてくるっていう、


なんともシュールな研修で面白く、


問題が解決するたびに 「おぉぉぉ~~~!!ありがとうございまーす!!!!!」 と歓声をあげる私にも


「ハイ」 とクールに返してくる感じで、


おそらく普通に生活してたら知り合わない感じの方で、お話できて面白かったです^^




そんなこんなで、←


肩こりめっちゃしますが、お仕事いただけることに感謝して


肩こりと戦いながらも日々頑張って努力してより良い仕事をしようと思います。
↑うまくまとめたつもり



お付き合いくださったカタカタ、ありがとうございました~♪



↑よろしければクリックお願いします^^
 励みになります(o´∪`o)
いつもクリックしてくださっている方、のむのむこまうぉよ~!

Category : 日記
Posted by HARU on  | 0 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。