いつのまにか韓国語&韓国ドラマが生活の一部に。そんな日常を載せてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by HARU on  | 

映画感想 ユ・アイン 「ワンドゥギ」

みなさんこんばんは^^

今回はユ・アイン君出演映画「ワンドゥギ」について書いて行きたいと思います^^







ワンドゥギ(原題:완득이)
出演:ユ・アイン、キム・ユンソク、パク・スヨン・・・他

母はなく、背骨に障害のある父と、父がキャバレーで知り合い、いつの間にか

家族になったおじさんと暮らし、生活保護を受けながら暮らしている완득(わんどぅk)。

夢もない、金もない。家は人の家の屋上を間借りしている状況。

そんな완득には「敵」がいる。 それは担任のドンジュ。

ドンジュの家は向かいの屋上なので、学校でも家でも

ことあるごとに「완득아~!(わんどぅが~)」と言ってくる。

「완득아!」「완득아~!」「완득아…」「완득아!?」


毎日완득は教会へお祈りに行きます。

「제발…'똥주'를 죽여주세요!!」(どうか…'クソドンジュ'を殺してください!)

ドンジュと知り合ったことで완득の人生が動き出す。






この映画、もちろんユ・アイン君目当てで見たんですけど、

どうしてユ・アイン君はあんなに大変な境遇の役が似合うんだろう!!!!!

両親いない、学歴ない、家ない、金ない…「ない」状況で世間の目とか

いろんなものに立ち向かって生きてる役が多いですよね^^

温室でぬくぬく育ちました~vが超似合うイ・スンギくんと対照的~vv


ドンジュのことをみんなが「クソドンジュ」って呼ぶんですけど、

韓国語でドンジュは「동주」。

そして「う○こ」のことは「똥(ットン)」というので、

生徒たちが悪口で「주(ットンジュ)」と言ってます笑

このニュアンスが日本語では出ないので「クソドンジュ」になってるけど、

この場合は韓国語で言ってるほうが面白いですね^^


そして、パッチムで勉強したように、ワンドゥクというのが本当の名前ですが、

呼ぶときは「완득아(わんどぅが)」、そして他の人がワンドゥクのことを

「ワンドゥクが…」と話をするときは「완득이 가(ワンドゥギ ガ)…」となります。

助詞の勉強もまた今度詳しくしましょうね^^

ちなみに、완득という名前、韓国人の友人(歳↑だからオンニと呼んでます)いわく、

「田舎ぽくて面白い名前」だそうで、私が映画を見た時、

「언니~나 완득이 봤어~v」(オンニ~私 ワンドゥギ 見た~v)

って言ったら「あなたの口からワンドゥギっていう名前が出るのが本当に面白いことよ!

日本で言ったら…たごさく?みたいなおじいさんみたいな名前よ~」と

言われました。(何でオンニが たごさく 知ってるのかは謎・笑)

ドンジュが「완득아~!」って連発するシーンは日本人にはわからない、

韓国の人が見ると余計に面白いニュアンスがあるのかもしれないですね^^





そしてここからネタバレになりますのでご注意を~!















この映画、予告とか見てて、キックボクシングで更生して勝ち上がっていく姿とかが

あるのかと思ってましたが、キックボクシングは「今から」の可能性を見せるくらいで

試合に勝つとか、そういったことではないんですよね。

완득が何かすごいことを成し遂げるわけじゃないのですが、

それがめっちゃリアルで素敵な映画だなって思いました。

アイン君の、おせっかいな先生に構われて、毎日教会で祈る姿が可愛いvv笑

私もドンジュみたいに「완득아~!」って連呼して困らせたい!笑


いないと思っていた母との再会もとっても複雑な心境が出ててリアルだったし、

お父さんのお母さんに対する愛情もわかって感動したし…

ドンジュと완득のやり取りがコミカルだったりして笑う場面もたくさんあるし、

家族愛とか人間愛(徐々にご近所のおじさんとの関係が変わることとか)とか

いろんな愛が詰まった映画だなーと思いました。

重いところとかもあるし、決して明る~い映画ではないけど、

ユ・アインファンじゃなくても楽しめる映画なんじゃないかな^^
(高校生役のユ・アイン君がめちゃ可愛いのでファンになっちゃうかもですv笑)













以上、ネタバレ含む感想でした^^

「ワンドゥギ」見てない方は是非見てみてくださいね^^


blogl_icon_6.jpg
よかったらクリックお願いします^^笑

スポンサーサイト
Category : ワンドゥギ
Posted by HARU on  | 2 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。