いつのまにか韓国語&韓国ドラマが生活の一部に。そんな日常を載せてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by HARU on  | 

日記 : アラサ―免許取る  最終話:後編



よろぶんあんにょんはせよ~^^


宣言通り早めの更新を試みました!


やればできるじゃないか俺・・・!!。゚ヽ(゚´Д`)ノ゚。 ←大袈裟



前編同様長いですので、間違いなく薄い本(そしてやはりもっと頭に良いもの)は読めると思いますが・・・


今回もお付き合い頂ける方はよろしくお願いいたします~^^













ええとここで、人物の整理をするために相関図を・・・
(ツイッターでお友達が相関図プリーズと言ってくれていたので・・・w)


サイズが大きいので切れてしまっている方などは画像をクリックしてみてください^^


スマホの方の方が拡大できたりして見やすいかなぁ・・・?


kyosyujo.jpg

(書き忘れ 英明:バツイチ 3B:既婚)


書いてみたらなんか小説書いてるような感じで楽しくなりましたwww


ここに載せれてない人々もたくさんいますが、よく登場する人のみ載せてみました。


これ見てちょっとでも分かり易くなるといいんですが・・・










~11/30 前夜~


疲れてしまって&ミニョさんとこのチャーハン食べまくったので夜ご飯も入らず、


子ども達にだけ食べさせ自分は一瞬ソファに座った記憶があったけど


知らないうちに寝てしまっていました。




長女(当時小6) 「・・・さん!・・・おかあさん!寝てしまっとるけどいいと?」


私 「・・・・・・!? え・・・今何時!?(゚Д゚ノ)ノ」


長女 「・・・じゅうにじ前くらい」


 「えぇぇぇ~~~!!今日卒検なのに~!!お母さん寝過ごしたぁ~~~どぉしよ~~~っ!! _| ̄|○ 」


長女 「・・・・・・」


私 「えぇ~~~~どうしよ~~~電話すればいいとよね~!?・・・ねぇ!?寝てしまってました~って・・・あぁ~マジでどうしよ~~~っ (´;д;`) 」


長女 「・・・いや、おかあさん、今、夜中のじゅうにじよ?」


私 「はっ!?えっ!?どういうこと!?何が!?ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿」 ←軽くパニック


長女 「やけん、今、夜中のじゅうにじ!まだ夜!」


 「・・・ (´・ω・`)?」


長女 「やけん、検定は明日やろwww」


 「なぁ~~~んだぁ~もぉ~~よかったマジでぇ~~~~~(*ノ∀`*)ノ 」


長女 「wwwwwww」





もうね、かなり焦りました。




高校生の時のね、パソコン利用技術検定を思い出しました。


試験当日家でぐうすか寝ているところに友達からケータイに電話があり、


友人 「あんた今どこ!?」

私 「はぁ~??あんたマジふざけんでよ何こんな朝早くから~家で寝とる (`Д´)」

友人 「は!?家!?あんた今日検定やん!?」

私 「・・・あ、え、うそ・・・今何時? 」

友人 「・・・8時50分・・・ちなみに試験は9時から」



当時私は高校までチャリ通で、片道30分くらいチャリこいで行ってたんですね。


その電話で寝過ごしたと先生に伝えてもらうようお願いしてまた寝ましたね。


それを思い出しました。


母は小学生の時から「自分で起きなさい」と一切起こしてくれなくなっていたので、


2人の姉や兄に頼むけど 「あんた寝起き悪いから起こすのもうイヤ」 と断られ、


私、歩いて3分の小学校に毎日遅刻していたんですよね。


それにしても検定でも起こしてくれないってどういうこと?? と思った当時の記憶。


それも思い出しました。


そして、自分の娘が毎日学校に遅刻していくことが許せるってのがまたすごいなっとも思った記憶も。


子ども産んでみて思いましたけど、「もう起こしませんからね!」といいつつやっぱ起こしちゃうもんですよね?


母は一度言ったことは実行する人で、


子育ては自分の信念をきちんと持ってしている人なので、


子どもを産んで子育てしてみて、母がしてくれていたことは当たり前のことではなかったんだな~とよく思います。


母の場合、膠原病という持病があるというのが大きいそうですが。


私が幼稚園くらいの頃まで頻繁に入退院を繰り返していましたし、


病院の同じ病気の友人たちが亡くなったりしていく中、


「自分がいつ死んでも大丈夫なように」という気持ちはやっぱりずっとあって、


自分でやったほうが早いしめんどくさくないし上手にできるとわかっていつつも


家事とか生きていくために必要なことは自分達でできるように、と思っていたそうです。


無理せず自分の体を理解して、病気とうまく付き合ってきたおかげで今も母は元気に(古墳や漢字や宇宙の勉強や読書、漫画、映画、アニメと多趣味に笑)生きておりますが、私たちが小さい時ほど上に書いたような気持ちは強かったようです。


このくらいの強い意志を持たないと人を変えたり、人ができるようになるまで待ったりする忍耐ってのはなかなかできないもんなんだなって子育てしながら痛感している今日このg・・・








って、話がそれまくりやないかーい! ←気づくのおせーよ






ええと、まあ、旦那さんはその時家にいなかったけど、娘がいたので助かりました。(無理やり軌道修正)









~11/30~


さあ、いよいよ卒検です!!


検定員が脱帽先生だったらどうしようとドキドキしていましたが


私の担当はよかろーもんやピカリと苗字が一緒なメガネのおじいちゃん。


2人一組で車に乗って、先発後発って感じで運転交代するんですが、


私はまたしてもトップバッター。


おじいちゃんは優しいけどいろいろ指摘もあり、




「どうしたの〇〇さん~緊張してるの?あなたらしくないね」




って言われたんだけど、私、



おじいちゃんとは教習したことない んですよね・・・



なんやろ、原簿見て、一度も落ちずに短期間でワーッとやってるのが分かってるからなのか?



それともおじいちゃんなりの緊張ほぐすテクニックなのか?







そして所内に戻ってきて縦列駐車のテスト。


真面目に頑張ってて、横の確認するときに、ふと走ってきた車を見たら


よかろーもんが助手席に乗った教習車がゆーーーっくりと通り過ぎ、


助手席からめっちゃ笑ってこっちみて変顔してくるwww



思わず ふふっ と声出てわろてしもて、おじいちゃんに


「どうした?」 と不振がられるワシwww



てか検定受けてる人に対してもふざけてくるのかよここの教員はwww









よかろーもんのチャチャにも負けず、




見事に卒検合格しました!!ヤッタ━━━ヾ(*≧∀≦*)ノ━━━!!!




そして卒業式までに2時間時間を持て余すところでしたが、


ハキちゃんが 「私も2時間空いてからまた運転なんです!ご飯行きましょ!」 と声かけてもらって二人でミニョさんとこの中華料理店へ行く事に^^


お店にいたミニョさんに、検定受かったことを告げ、喜んでもらって、二人でこれでもかってくらい注文www


食べられそうな限界ギリギリまで頼んで「おいしいおいしい」と二人で食べていたら、


ミニョさん 「はるちゃんハキちゃん、これ食べてみて~!」


とまた笑顔ですごく立派なエビ春巻きの差し入れが・・・www


前回私が一人チャーハンものっそ食べてナツメ食べて杏仁豆腐食べたのはハキちゃんにも話して知っていたので、二人で必死に食べまくるの図にずっと ふふっ・・・ ふふっ・・・ てお互い笑いながら食べましたwww


なんか、差し入れをもらえるものと思って少なく注文するのもおかしな話だしね?


すでに限界まで頼んでいたけど、ミニョさんにはエビ春巻きほおばる姿を見ながら


「よく食べるね二人とも~!見ていて気持ちいいですね!」 と笑顔で言われましたwww







そして、めっちゃお腹いっぱいで吐きそうながらもよろよろ歩いて教習所へ戻っている時。



ハキちゃん 「はるさんもう卒業しちゃうのか~さみしいな・・・」


私 「そうやね~私もここを卒業するって寂しいよ~ハキちゃんやミニョさんにも毎日会ってたし、変なチャライ先生たちとも毎日会ってたしね~」


ハキちゃん 「でも、よかろーもんさんもリーダーさんも、私との教習ではいたって真面目でしたよ?」


私 「・・・え?ずっと ピ――――― な会話してなかった?」


ハキちゃん 「いや、真面目に教習の話とか、好きな食べ物の話とか大学卒業後の進路の話とか・・・リーダーさんもよかろーもんさんも教え方上手いですよね!ちゃんと真面目に教えてくれますし」





明るいハキちゃんの笑顔とその言葉に、


いやいや奴らの頭の中はほぼ常に”ヤる””ヤらない”だよ、とも言えず、


私 「そ、そうだね・・・私には放送禁止な会話が多かったけどね・・・大学生のハキちゃんにはちゃんとわきまえててちょっと安心したよ・・・www」
 




・・・・・・・・・


チャライ彼らが 「俺は人を選ぶ」 「真面目に先生やってるっつーの」 と言っていたのは本当だったようですwwwww



にしても、31の既婚者には何言っても許されると思ってるってことか?


いや、でも間違いなく お水HARU のせいだろうけど・・・www








無事に卒業し、歩いて駅まで行こうと教習所内を歩いていたら、


遠くからピカリの、頭の上で大きく〇を作って首をかしげている姿が。


朝会った時に 「今日卒検なんです」 って言ったので、その結果を知りたかった様子。


笑顔で私も大きく〇を作って答えると、「お疲れ様でした」の意味なのか敬礼して見送ってくれましたwww






そして気分よく教習所を出ようと思ったところ、リーダーに遭遇www



私 「あ、今日卒検受かったので、お世話になりました(満面の笑み)」

リーダー 「あ?え、お前いつからいたっけ?はやくね?」

私 「21日間で、一個も落とさず合格しましたwww」

リーダー 「ほぉ~・・・・・・っつーか悪さすんなよ~?悪い主婦www」

私 「しませんよ!真面目ですから」

リーダー 「はいは~い、お疲れさ~ん」



お互いニヤッと笑ってさよならしましたwww


ビリヤードに聞いてたんですが、


リーダーは普通マニュアルも教えるんだけど、


「よかろーもんさんに聞いたけど、リーダーさん、”しばらくオートマ限定で”って言ってるらしくて俺当たんねぇんだよね」


と言ってたんですね。(ビリヤードはマニュアル)


で、私卒業してからはフツーにマニュアル教えてたみたいで、


それを聞くと、「やっぱりチャライな~」って思ったと同時に、


当初の目標の 「手のひらで転がされてるようで転がす作戦」 が


成功したのかも? 多少は私の言動であの遊び人たちが振り回されたのか?と思うと、


やったぜ!!ってちょっと思いました←だからなんの免許取りに行ったんや











そしてすぐに12/2には免許センターへ行きました。


方向音痴なので迷子になると予想して朝早めに家をでた私。


案の定違うバスに乗って、免許センターをバスが通過 ←


次の停留所で降りようとピンポン押すも、次の停留所が遠い・・・!!!


でもなんとか平静を装って次のバス停で降り、


一緒に降りたみなさんスーツとかなのに、


1人だけカジュアルな服装でキャップで迷彩のリュックの私と同年代ぽいお兄さんも同じところで降り、


バスが来た方向へと戻って行っていたので、




「きっと彼も迷子だな!!免許センター行きなんだな!!」



と確信した私は、


私 「あの~すみませ~ん!」 ←意気揚々と


お兄さん 「はい?」


私 「免許センター行きます?」


お兄さん 「めんっきょセンターは~・・・行きませんwww」


 「え!!!?行かないんですか!?免許センター!?」  ←動揺


お兄さん 「ハイ、行きませんwww」


私 「マジか!!(゚Д゚ノ)ノ」 ←思わず出たタメ口


お兄さん 「マジっすwww」


私 「ぁ・・・ごめんなさい;;」


お兄さん 「いえいえwww 免許センターは、こっからまっすぐ行って、あの信号を左に曲がって、まーっすぐ行ってまた左に曲がるとありますよ」


私 「親切にありがとうございます!」



そして同じ方向へ行くお兄さんの3メートル手前くらいを歩き、


最初の左折ポイントへ到着。


すると、お兄さんも左折。



なのでまたお兄さんの3メートルくらい後ろを歩きながら時計みながらキョロキョロ歩いていっていると、


まだ直進ポイントだったところでお兄さんがふと振り返り、



お兄さん 「免許センターは、ここをまだまーっすぐ行って、左ですよ」



とダメ押しの道案内wwwww



そしてお兄さんはここで左折するらしかったので、


私 「本当にありがとうございました!!すみません、朝から迷子で・・・お手数おかけしました」


お兄さん 「いやwwwww 頑張ってください」


私 「ハイ!ありがとうございます!!」





といってお兄さんと別れました。


お兄さんごめんなさい、服装で、見た目で、勝手に免許センター仲間やと思ってしまって。


出勤前にお手数をおかけしました・・・!











そして、お兄さんのおかげで時間前に免許センターに入れた私は試験を受け、


合格発表を待つとき、卒検で見たことある同年代ぽいちょっと派手な女性がこちらを見ているのに気付きました。


で、お互い近寄って、「〇〇教習所の人ですよね?」と確認しあい、


むこうは早くからタメ口でしゃべってきていましたが私は敬語で対応し、


お互い合格し、喜んで、さあ帰ろうという時・・・



私 「お子さんいるんですね^^ 若いですよね?おいくつですか?」

女性 「23です^^」

私 「えっ!23!若いですね!」 ←思ったより若かった

女性 「子どももまだ下は赤ちゃんだし~」

私 「そうですか~そのころが一番かわいいですよね~」

女性 「あ、子どもいるんだ? ていうか、いくつ?」

私 「さ、31です・・・」 ←敬語

女性 「えー!?大学生かと思ってた!!!」





いやいや、俺もあなた同じくらいかと思いましたよ!



とは言えないから、


 「ですか~?教習所でも学生と思われていましたw」 


と敬語で返し、ご近所に住んでいるらしい彼女と電車で分かれるまで、


結局最後まで彼女はタメ口、私は敬語、でやりとりし、帰宅しましたwww











無事に免許もとって、めでたくこの免許ブログは終わりです!






といいたいところですが、番外編があります・・・!



ライン仲間のビリヤードが、よかろーもんとライン交換していることにより、


12/8に 飲み に行くことが決まったんですwwwwwww


私は卒業しているけれど、ビリヤードはまだ在籍中なのに。


メンバーは私とハキちゃんが呼ばれ(ミニョさんはよかろーもんと親しくないので)ました。


この様子はまた番外編で書こうと思っています。


読んでみようと思われるかたは次こそ最終回ですので、またお付き合いいただけたら嬉しいです♪








では・・・今回も長くなりましたが・・・


読んで下さった方、ありがとうございました!!





↑よろしければクリックお願いします^^
 励みになります(o´∪`o)
いつもクリックしてくださっている方、のむのむこまうぉよ~!

スポンサーサイト

Posted by HARU on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kankokugodaisuki.blog.fc2.com/tb.php/269-94c96c55
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。